戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

菊名小で健民祭

2019年10月2日

今回は「ラグビーボール送り」だけの出場となりました。一年ぶりの全力疾走で、クールダウンを忘れ、ふくらはぎが今も痛いです(>_<)。

ラグビーワールドカップの開催地のひとつ横浜国際競技場に接するうちの町内会はモニュメントが駅前につくられたり、駅からスタジアムまで誘導する青く光るポールが設置されたりと盛り上げムードがいっぱい。時まさに日本がアイルランドに勝利した翌日だったので、いろんな方のご挨拶に盛り込まれました。というわけで、私が好きな、ドリブルでボールを運ぶサッカーボール送りが昨年からラグビーボールを抱えて走る形になっています。

いろいろな町内会が参加するこの手の運動会は、老いも若きもともに楽しめる数少ない機会の一つです。

わが子もここで何度も走ったし、亡き父も〈実りの秋〉というシニア向けのプログラムに出てくれたなーと思ったり、幼いころは区民運動会と称するものに参加して、カッコよく走る父が自慢だったなー。とかセンチメンタルになる日でもあり。

区民運動会では私たちの新田町(シンデンチョウ)は気合入れて練習もしたし、子どもも多かったので常勝チームで意気揚々としていたものでした。

この日、同じく常勝チームの町内会長さんに「事前に練習とかなさるんですか」と聞くと、「いやー、子どもたちが忙しくてね。それはできないね」と。寂しいですね。

そういえば子どもの頃はすぐそばに西京極総グラウンドがあり、そのサブトラックに子どもを集めてリレーの練習をさせてくれた引率は父だったなー。とか、自由にトラックに入れて鷹揚な時代だったなーとか。またしんみり考えたりするのでした。

運動会運営のみなさま。お疲れさまでした。

 

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA